ホーム > 贈与税について

贈与税

贈与税とは、土地や建物などの財産を贈与された場合に発生する税金です。贈与税がかかる財産には、現金、預貯金、有価証券、土地、家屋、貸付金、営業権など、経済的に価値があるもの全てが対象です。生前に贈与をうまく利用すれば、「トラブルの防止」や「節税効果」が期待できます。
 

贈与税の課税対象

① 他人が支払っていた生命保険金を受け取った場合。
ただし、死亡した人が自分を被保険者として保険料を支払っていた場合に受け取る保険金は贈与税ではなく、相続税の対象となります。
② 相場よりも低い金額で財産を譲り受けた場合
③ 不良債権など借金を免除してもらった場合

非課税財産

① 扶養義務者から生活費や教育費として贈与を受けた財産
② 社会通念上必要と認められる香典やお祝い金、年末年始の贈答品など
③ 離婚した場合に発生した財産の分与
④ 相続が開始された年に被相続人から財産贈与を受けた場合(相続税の課税対象)
⑤ 法人からの財産贈与(所得税の課税対象)など