ホーム > 相続を税理士に依頼する理由

専門家に依頼するメリット

相続は専門の税理士に依頼しよう

相続は手続がとても複雑で、家族構成などやによって対処方法も異なりますので、実績の多い専門家にお任せ下さい。
また、資産の評価も評価する人により評価額が異なる場合もあり、納税額が数百万から数千万円も差が出ることもあります。
相続に関しては対応する税理士の能力によって納税額が変わってきます。
思わぬ損失を避ける為には、付き合いがあるという理由のみで依頼する税理士の判断はしないで、相続専門の税理士か実績の多い税理士に依頼をされたほうがいいです。
当事務所では初回相談は無料で行っておりますので、お気軽にご相談下さい。
 

相談のPoint

相続の実績が多い税理士を選択

相続の手続きがスムーズにできるかどうかや、節税の範囲などは税理士の今までの経験によって異なります。受け継ぐ遺産に対してなるべく節税をする為にも、相続のご相談はなるべく実績のある税理士を選んだほうが良いでしょう。

不動産鑑定士との連携

相続には土地や建物の財産評価を行わなければなりません。適切な評価が重要になりますし、税の事だけではなくその他問題発生時も臨機応変に対応出来る様に、弁護士・司法書士・不動産鑑定士と連携を取り対応致します。

二次相続を視野にいれる

相続が発生した後に、遺産相続人である配偶者が亡くなることを二次相続と言いますが、この時、税額軽減特例により節税が可能になりますが、様々な要因を考えると必ずしもこの特例を適用した方がいいとは限りません。相続が発生した時点でこの二次相続を考えておくことで節税範囲も異なってきます。

税務調査を視野にいれる

税務調査は、毎年約14000件を調査対象としていますが、そのほとんどが申告漏れになっているのが現状です。申告ミスがとても多く、そうならない為にも税務調査を見据えて相続対策ができる専門家に依頼する必要があります。

相続には様々なトラブルがつきものです。 相続問題は当事務所はお気軽にご相談下さい