ホーム > 相続が発生したら

相続が発生したら

遺産分割や確定申告もお任せ下さい

相続税を申告納付する義務のない方にも必要な手続きがあります。

相続スケジュールの確認

相続手続きをスムーズに進行させる為には、全体の流れをしっかりと把握する事が大切です。
相続に関する様々な手続きの中で期限が設けられる手続きもありますので、順序を決めて効率よく手続きを進める必要があります。

資料収集

相続が発生すると、遺産分割協議、名義変更、税務申告など様々な手続きをする為に各種資料を用意する必要があります。相続による不動産や車などの所有権移転登記手続きや、銀行口座の預金の引き出しには書類の提出が必須になります。

財産の評価

遺産分割協議を行う為には、不動産などの財産が実際にどの程度あるのかを明確にする必要があります。相続財産のうち、不動産や株式で財産のほとんどを占めているケースはとても多いです。相続手続きをする際には、財産の評価額を概算額だとしても早急に知る必要があります。財産評価は、相続税の申告が必要であるかどうかの目安となる重要な作業でもあります。

遺産分割および名義変更

遺産は、相続開始と同時に全相続人の共有物となる為、遺産が未分割のままでは全相続人の合意無しに遺産を処理する事ができません。遺産分割協議書とは相続人同士の紛争を予防するために書面として分割内容を作成したものです。トラブルを未然に防ぐ為にも、遺産分割協議書の作成と、不動産・株式等の財産の名義変更が必要になります。

相続税の有利な申告

相続税額は対策方法によって何百万円も変わる事があります。相続財産の把握、財産の評価、遺産分割の方法、相続税の申告書の作成方法などで違いが出てきますので、事前に専門家に相談し、ケースに応じた対策が可能な税理士に依頼をしましょう。